iPhone(アイフォン)修理 戸塚

「iPhoneは使用できません」のメッセージ・・・対処は??? iPhone(アイフォン)修理 戸塚なら戸塚駅近のスマホスピタル西武東戸塚S.Cにお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • オンライン予約はコチラiPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • 店舗アクセス。iPhone(アイフォン)修理 戸塚

iPhoneお役立ち情報

「iPhoneは使用できません」のメッセージ・・・対処は???

[2021.07.26]

今回、iPhoneは使用できませんのメッセージが出る原因とその対処法をまとめました。


iPhoneは使用できません・・・・お使いの端末にこのようなメッセージが表示されたことはありませんか??

パスコードを何度も間違えて入力すると、デバイスを使用できないというメッセージが表示されます。

上の画像のように、iPhoneは使用できませんのメッセージに続けてなどの時間制限がある場合は、制限時間後にやり直すことができます。

ですが、正しいパスコードが認識されなかった場合、時間制限がさらに長くなります。

そしてこれを何度か繰り返してしまうとiPhoneは使用できません。iTunesに接続とメッセージになり初期化をしないとiPhone使用できなくなります。

これはiPhoneに限ったことではなく、iPadやiPodも同様のことが起こります。

★そもそもパスコードは何故必要なのでしょうか??
♦パスコードの必要性について

パスコードとは、iPhoneのロック画面を解除するための数字コードもしくは英数字コードのことを指します。

様々な機能が備わり本当に色々なことができ、今や自分の相棒のような、秘書のような、金庫のような、、、とにかく大きな存在のiPhoneですが、住んでいる家や、マイナンバーや住民票に優るとも劣らない個人的な重要情報が詰まっている人も多いでしょう。

そして忘れていけないのは、自分の個人情報はともかく、アドレス帳や各アプリには他の人の個人情報も含まれていることが多いです。

そのため多くのiPhoneユーザーは、パスコードや指紋認証、顔認証で画面ロックを解除して端末をお使いかと思います。

デバイスにパスコードを設定しておくと、データの保護に役立ちます。

使っているiPhoneが忘れ物や落とし物などで他者へ渡ってしまったときにそのまま使われてしまったり、秘密のデータを見られたり取らたり、そんな心配を感じることも多いかと思います。

そんなときの為にパスコードで画面ロックをしていれば、持ち主である本人、もしくはパスコードを教えてある身近な人以外には、データが流出するという危険はなくなります。
そして、そのデータを完璧に守るため、さらに一歩進んだ機能があります。

データを消去=パスコードの入力を 10 回間違えたら、デバイスのデータを自動的に消去するかどうかを選択します。

このオプションを有効にしない場合は、入力を 10 回間違えた後、コンピュータでデバイスを復元する必要があります。

4桁または6桁の数字、もしくはカスタムされた他人のパスコードを10回以内に当てるのは、ほとんど不可能に近いものだと思われます。

数字だけでも組み合わせが何通りあるのか、計算するのも嫌なくらいの桁数になるでしょう。

このオプションを設定していない場合も端末の復元つまり初期化が必要になります。つまり一時的とはいえ端末内のデータは消去されるということです。

もちろんバックアップデータを端末に戻すことで、データは他人に見られることなく戻すことができます。

ですが、iCloudのストレージがいっぱいになっていたり、最近バックアップを取っていない、そもそもiCloudを使っていないなど、端末内にしかデータが保存されていない場合、残念ながらデータは全て戻りません。

※appleの言うデータの保護とはデータが無くならないことではなく、データが他の人や外部へ流出しないことということですね※

★iPhoneは使用できませんのメッセージがでる原因と対処法

パスコードを何度も間違えて入力するとと言っても、何度も間違えるにはそれ以外の原因も考えられます。

考えられるいくつかの原因と、その対処法を確認して見て下さい。

♦パスコードを間違えた場合

パスコードは基本的には端末を使っている本人が設定していると思いますが、数字としてではなく数字の並びで覚えている場合も少なくありません。

ド忘れしてしまって入力したパスコードが認証されないと、さらに焦り、間違った数字を繰り返し入力してしまうことも多いでしょう。

そうなると、やはり時間制限が設けられます。

この場合は、落ち着いて数字もしくは数字の並びを思い出し、落ち着いて間違えないように入力することが最善の対処法です。


♦パスコードを忘れた場合

ド忘れではなく本当に忘れてしまった場合は、さらに落ち着くことが重要です。

いつも顔認証や指紋認証でロック解除できていると、もう長くパスコードを使っていないということもあるでしょう。

対処法としては、間違えた場合と同様で落ち着いて思い出すしか方法がありません。

 パスコードを忘れないための予防策

  ○忘れないようなパスコードにする

  ○パスコードを手帳など端末外部にメモで残しておく

  ○いつも顔認証や指紋認証だけでなく、たまにパスコードでロック解除してみる

♦ガラス割れでタッチ操作できない場合

画面のガラスが割れてしまい、それでも表示はキレイ、幸い強化ガラスやフィルムで割れも覆われているので操作可能かと思いきや、タッチ反応がしない・・・そしてさらに困ったことに、タッチを端末側では認識していてパスコードの誤タッチと判断されることがあります。

強制再起動をしてみると、やはりこのメッセージが出ていたりします。

この場合、ほとんどは画面交換することで改善ができます。

勝手に誤認識が繰り返されてしまうこともあるので、電源を切るか、移動中もなるべく画面を触らないようにして早めに修理店へ。


♦表示の見えない状態でパスコードが誤認識されてしまった場合

液晶破損でほとんど表示が見えない状態や真っ暗な状態でも、実はタッチ操作はしっかり出来てしまっている場合もあるので注意が必要です。

この場合もさきほどの画面割れ同様、やはりタッチ操作をしないようにしつつ早めに修理を依頼することで改善が出来る可能性があります。

♦ゴーストタッチで勝手に押されてしまった場合

ガラス割れや液晶破損、タッチが効かない状態も困りますが、iPhoneは使用できません関連で言うとゴーストタッチは特に厄介で、自分が意図しなくても、できるだけ画面を触らないように気にしていても、勝手にタッチ操作されてしまっては避けようがありません。。。

〇分後にやり直してくださいのメッセージは、時間制限されていると受けとめられることが多いですが、このときばかりは時間制限してくれているという感覚になるでしょう。

この場合の対処法も、やはり早めの画面修理で改善ができるかもしれません。

また、時間制限になっても解除された直後からゴーストタッチが続いてしまう恐れもあります。

 さらに誤タッチを繰返さないための予防

○画面に触らない

○強制終了して電源を落とす(iPhoneがフリーズした時も有効)

○強制再起動をすることで、時間制限を引き延ばす

○早急に修理屋へ

パスコードは何度も間違えて入力しても、時間制限後もしくは画面修理後に正しいパスコードを入力さえすれば、そのまま変わらずiPhoneを使うことができるようになります。

当店では、上記のようなトラブルやiPhone、Androidなど故障に対応しております。

お気軽にご相談ください。

_top_img

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル西武東戸塚S.C.の詳細・アクセス

〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町536-1 西武東戸塚S.C.アネックス館6階

営業時間 11:00~20:00

電話番号 050-5445-9234

E-mail info@iphonerepair-totsuka.com

オンライン予約 スマホスピタル西武東戸塚S.C. WEB予約 >>

一覧に戻る

050-5445-9234 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 戸塚

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 戸塚

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 戸塚
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル